Javascript Menu by Deluxe-Menu.com
   
     
 
新着情報とイベント情報
 
 
 
 



 
     
 
     
 
Hill-Rom Bed

FDA新ガイドラインに適合した
ヒルロム社の院内ベッド

医療施設向けの世界的なリーディングカンバニー、ヒルロム社は、米国食品医薬品局(FDA)のWebサイトに掲示中の、「Hospital Bed System Dimensional and Assessment Guidance to Reduce Entrapment(院内ベッドシステムの患者挟み込み事故防止のための寸法および評価指針)」に適合しています。

現在ヒルロムで製造されるベッドはすべて、FDAに拠るガイドラインに準拠し、当社の旧式ベッドを使用中の病院に対して、順守を促すために、アップグレードキットを提供しています。

ヒルロムは、FDAのHospital Bed Safety Workgroup(HBSW: 医療施設ベッド安全性ワークグループ)の発足当初からの会員です。また当社は、1995年の挟み込みの危険性に関するFDA Patient Safety Alert(患者の安全性警告)の発足にも協力し、まだ指針が発行されていなかった時期にも長期にわたって、自社のベッド用レールとベッドのデザインを積極的に改良してきました。

ヒルロム社社長兼CEOのピーター・ソダーバーグは、「目的は挟み込み事故撲滅ゼロです。当社の臨床面での専門性と最高の技術を駆使し、最も安全なベッドを製造するべく努力を重ねています」と語っています。

当社から発送されるベッドは米国の連邦指針を満たしていますが、患者を挟み込みから保護するためには設計以外のものが求められると、お客様にはアドバイスしています。マットレスとレールの損傷、あるいは磨り減りといった多くの要因がベッドが指針に準拠しているかどうかということに影響します。病院と長期医療施設は、絶えず、患者の挟み込みに関する安全性を意識していなければなりません。

医療関係者は全員、リスクについて学んだり、患者の状態を評価し、リスクを最小限にするための適切な処置を施す術を常に収集することが求められている。

ヒルロムは、お客様側でのFDAガイドラインの理解と、患者と施設における同ガイドラインの理解を促し、既存のベッドで挟み込みのリスクを最小限にするための解決策を、お客様と共に開発していく所存です。